結婚式など、大きなイベントには必ず二次会というものがあります。その二次会を取り仕切るのが幹事ですが、自分が幹事を任された時、何をしたらいいか悩んでしまう人もいます。

幹事に任命されたら何をすればいいのか、幹事の仕事についてご紹介します。

盛り上がる二次会

二次会の会場を探す

会場を探さなければ二次会は出来ません。この二次会の会場を探すのも、幹事の仕事の一つになります。二次会に来るであろう参加者の人数を考え、その参加者全員が入る会場を探さなければいけません。

二次会が開けるような大きな会場は予約もすぐに埋まってしまう事がありますので、幹事を任されたら、まずは二次会の会場探しからスタートしましょう。

会場で借りられる物とあらかじめ用意しなければいけない事を確認する

二次会ではゲームなど様々な余興をするものですが、その余興の道具自体も二次会の会場で借りられるものと自分達で用意しなければいけないものがあります。

二次会の会場が決まったら会場側のスタッフに借りられる物を聞き、足りないものは自分で用意しましょう。当日になって足りない備品が出てしまったら、二次会がスムーズに運ばなくなってしまう可能性があります。

必ず、自分で用意しなければいけないものは、確認しておきましょう。

余興の準備をする

二次会には余興がつきもので、この余興をするために事前に色々な準備をしておく必要があります。例えばビンゴゲームをするのなら、ビンゴの道具と、ゲームの景品などを用意しなくてはいけません。

歌やムービービデオなどの余興を行ってほしいなら、二次会の参加者の誰かにあらかじめ頼んでおくのが大事です。相手から余興をやりたいと申し込みがある場合もありますが、そのような申し込みがない時は、必ず自分から頼みに行きましょう。

余興は二次会の華です。忘れずに余興の準備をしましょう。

司会を誰かに頼む

二次会には、司会も重要です。沢山の人がいる前で話すので、司会経験者など人前で話すことに慣れている人に司会を頼むのがおすすめです。

勿論、自分で司会をやってもいいですし、プロに頼むという方法もあります。司会がしっかりしていないと二次会も冷めてしまうので、絶対に信用が置ける人に司会を頼みましょう。

幹事の仕事は非常に多岐にわたります。やらなければいけない事も多いので、時間的な余裕をもって準備すると当日に慌てなくて済みます。

大事な新郎新婦の為に、幹事として最高の二次会を作り上げましょう。